京都駅にて

こんにちは。
昨日は京都駅で京都国際舞台芸術祭のインタビュー撮影に参加してきました。
いや~おもしろいというか興味深かった。

歩く人々を観るだけでも性格でるな~。
踏みしめるように歩く人、目的にまっすぐにむかう人、ふらふら軽い人などなど・・
速度や質感が様々。当たり前やけど、歩行の幅の広さに驚く。
やはり駅やからか時間に向かう人が多かったような・・・。

インタビューはその人の背景を想像する。
ただこのインタビューが作品になっていくということが興味深い。
劇場もない、俳優もない、照明もない、音響もない、衣装ない・・・。
あるのは無数の人の声、姿、カメラ。
みる=みられるの関係が破壊しつくされた爽快感すらある。

演劇を剥いでいったらそこに残るのは・・・?

コメント

このブログの人気の投稿

悪童日記

2014年度の出演の記録

下鴨車窓#10『煙の塔』