投稿

8月, 2010の投稿を表示しています

メモ

リアリティー 【reality】

現実感。真実性。迫真性。レアリテ。「描写に―がない」
現実を現実として支えているものはなんだろう・・

今日

稽古楽しかった~あんなに笑ったのは、久々かも。

ありがとう。@木ノ下歌舞伎☆

京都駅にて

こんにちは。
昨日は京都駅で京都国際舞台芸術祭のインタビュー撮影に参加してきました。
いや~おもしろいというか興味深かった。

歩く人々を観るだけでも性格でるな~。
踏みしめるように歩く人、目的にまっすぐにむかう人、ふらふら軽い人などなど・・
速度や質感が様々。当たり前やけど、歩行の幅の広さに驚く。
やはり駅やからか時間に向かう人が多かったような・・・。

インタビューはその人の背景を想像する。
ただこのインタビューが作品になっていくということが興味深い。
劇場もない、俳優もない、照明もない、音響もない、衣装ない・・・。
あるのは無数の人の声、姿、カメラ。
みる=みられるの関係が破壊しつくされた爽快感すらある。

演劇を剥いでいったらそこに残るのは・・・?

かむじゅうのぼうけん

イメージ
公演無事終了しました。
去年から参加して、たくさんの子供に出会えて、元気をもらえた!
本当にありがとう。

子供の素直な反応に触れると、余計なものが剥がれていく感じがした。
シンプルに『伝えること』だけに集中するのです。

これからもたくさんの子供が笑顔でいられたらいいなぁ。

画像は打ち上げと本番の様子◎