悪童日記

今週末からサファリ・P第二回公演
「悪童日記」ぜひ観に来てください。
●原作 アゴタ・クリストフ
『悪童日記』(ハヤカワ文庫) 堀茂樹 訳
...
“Le grand cahier” by Agota Kristof
Original c Editions du Seuil, Paris, 1986.
脚色、演出 / 山口茜
出演 /
高杉征司、松本成弘、日置あつし、芦谷康介、達矢
「私たちはヒトラーと、どう違うのか」
パリの文壇から敬遠され、一般読者から熱狂的に支持された、
アゴタ・クリストフの代表作、「悪童日記」。
最初に私が惹かれたのは「ストーリー」ではなくその「文体」でした。
感情を定義する言葉を避け、事実だけを忠実に描写した「文体」。
小説では、その「文体」の行き着いた先が、自分を愛してくれた人を爆殺する、という行為だったように感じました。
というわけで、今作品は「文体」の「舞台化」を目指しています。
果たして私たちはお客さんを、どこにお連れすることになるでしょうか。
日時 /
京都公演>
2017年3月
17日(金)19:30〜
18日(土)16:00〜 
*シアターねこ 越智孝至氏
19日(日)16:00〜
20日(月・祝)16:00〜 
*ピッコロシアター 田房加代氏
21日(火)13:00〜 
*八尾プリズムホール 大久保充代氏
※印はポストパフォーマンスゲストです。終演後に行います。
東京公演>
2017年3月
25日(土)16:00〜
26日(日)11:00〜
27日(月)19:30〜
28日(火)19:30〜
29日(水)13:00〜
松山公演>
2017年4月
15日(土)18:00〜
16日(日)13:00〜
料金 /
前売 3000円
学生 1200円(要学生証)
ペア 4500円(2人一組)
当日 3500円
http://toriko-a.sakura.ne.jp/wp01/?page_id=1326


コメント

このブログの人気の投稿

2014年度の出演の記録

第18回女性芸術劇場 「姉妹たちよ」